求人掲載件数 372

NINJAは日本で働きたい外国人のための就職情報サイトです。

Share SNS

2017.04.27 update

事務職から接客販売の仕事に転身!「日本の接客はプロフェッショナルな仕事です。」

リン ショウヒン さん

台湾出身 │ 28歳* │ 女性 │ 在日3年目

前職 電子部品メーカーのバックオフィス

内定企業 外資系スポーツシューズメーカー

好きな日本語 絆(きずな)

*内定時の年齢です。
事務職から接客販売の仕事に転身した台湾出身のリンさん。
接客販売の仕事の魅力と派遣社員のメリットを教えて頂きました。

【経歴】
・(台湾)台北生まれ
・(台湾)淡江大学 卒業
・(台湾)貿易会社 勤務
・ワーキングホリデーで来日
・(日本)電子部品メーカー 管理部 勤務
・(日本)スポーツシューズメーカー 勤務
現在に至る

事務職から接客販売の仕事に転身!「日本の接客はプロフェッショナルな仕事です。」

来日したきっかけ、日本での就職を決めた理由を教えてください。

 台湾はもともと親日の国ですから、日本の製品や日本のコンビニなど一般的な生活の中に日本の文化があります。ですから、質の高い日本のサービスにあこがれがあり、大学のときに日本語を専攻しました。その時からいつか日本で働けたら良いなと思っていました。
 大学を卒業してから、台湾で貿易会社に就職しました。日本との貿易がある企業でしたので、仕事の半分は日本語を使っていました。2年半勤務したころ、ついに念願のワーキングホリデーのビザがとれましたので退職をしました。
 ワーキングホリデーで来日してからは、台湾の電子部品メーカーの日本法人で勤務しました。この仕事は、来日する前に仕事紹介をする会社のようなところで紹介をしてもらい就職をしました。ワーキングホリデーの人向けに人材育成のプログラムをもうけている会社で、バックオフィス全般を経験することが出来ました。ですが、どうしても他の仕事に挑戦してみたくて退職しました。
  大学を卒業してから、オフィスワーク、事務の仕事をしていましたが、実は自分の中で何か違うなぁと思っていました。簡単に言うと面白くなかったという事でしょうか(笑)。あとは、将来的に自分の仕事のキャリアのイメージが湧きませんでした。ですから、ワーキングホリデーの期間が残り3か月になった時に、やり残すことがないようにと思い、接客販売の仕事に応募しました。

未経験の接客販売のお仕事をやってみていかがでしたか?また、販売職の魅力は何ですか?

 はじめて接客販売をしてみて、純粋に「楽しい!」と感じました。お客様と直接コミュニケーションをとる事、提供するサービスに対するお客様の感動や感謝を直接感じとれる事、がとても嬉しかったです。これは以前やっていたオフィスワークのときには、なかなか実感することがない新鮮な感情でした。それからというもの接客販売のお仕事にすっかり魅了されてしまいました。
 また、日本の接客販売の仕事は、プロフェッショナルな仕事だと思います。台湾の接客販売員ってわりと雑なのですが、日本の接客販売員は丁寧でプロ意識が高いです。プロフェッショナルな仕事に誇りをもっている人が多いと思います。実際に自分で働いていても感じますが、プロ意識をもってサービスを提供することは気分が良いものです。
 販売職の魅力は「お客様との距離が近く直接コミュニケーションがとれ、感謝や感動を直接感じ取ることができる事」と「日本の接客はプロフェッショナルな仕事で自分の成長につながる事」だと思います。

【インドネシア語・日本語】急成長中のwebメディアの編集@代官山[2240]

【日本語・英語】80年以上続くモノづくり企業で、プロジェクトリーダー(SE)の…

【タイ語・日本語】急成長中のwebメディアの編集@代官山[2237]

【繁体字・日本語】急成長中のwebメディアの編集@代官山[2239]

今は、どんな仕事を担当していますか?また、将来の目標を教えてください。

 現在は、外国人観光客のお客様を中心に接客をしています。50%が中華系のお客様で、50%が欧米系のお客様ですので中国語と英語を使って仕事をしています。エリアによってお客様の層は変わりますが、今の職場は土地柄、欧米系の方が多いです。
 英語はあまり得意ではありませんでしたが、接客に必要な単語を覚え、身振り手振りで接客しています。多くの言葉で流暢に話ができなくてもアイコンタクトで意思疎通ができるのも接客販売の仕事の良いところですね。もちろん、日々ブラッシュアップして上手くなる努力は必要ですが。
 いまの目標は、「良いお店作りをすること」です。良いお店づくりとは、最高のサービスを提供できるお店作りです。お客様とのコミュニケーション、ベストなフィッティング、最適なコーディネート、において最高のサービスを提供したいです。あとは、定期的にイベント開催をしているので、イベントの担当ができるようになりたいですね。
 私は、派遣社員で入社をして、約1年勤務後、直接雇用の社員になりました。派遣社員だった時は、正直なところ責任もあまり感じることもなく、自分の仕事だけをしっかりやれば良いと思っていました。でも、社員になってからはメンバーのことやお店全体のことも考える様になりました。何よりも一緒に働くメンバーとお店の雰囲気が大好きなのでみんなで良いお店作りをしたいという気持ちが自然に生まれます。自分自身、こんなに日本で長く働くとは思っていませんでしたが、今はずっと日本で暮らしたいと思っています。
 ちなみに、台湾では、派遣社員という制度がありませんので、初めはどういう働き方をするのかがよくわかりませんでした。でも、NINJAを運営するグローバルパワーで派遣社員の仕組みなどを聞いて、「外国人にとってはとても良い仕組みだ!」と思いました。外国人はもともと日本で長く働くかどうかはわかりらない状況と思いますので、まずは派遣社員で様々な仕事を経験してみるというのも良いと思います。また、社内の雰囲気やどんな人と働くかがよくわかるので、日本の企業の雰囲気をみるには良い制度だと思います。
 

これから日本で働きたいと思っている留学生やワーキングホリデーの方にアドバイスをお願いします。

 就職活動と面接は、笑顔で、ありのままの自分を出す事です。日本は選択肢が多いので、選ばなければ日本で働くことは難しい事ではありません。仕事をみつけたら、向上心と情熱で取り組むのみです。あとは「初心を忘れず」いつも初心を大事にして過ごしてほしいなと思います。
 今は中国を中心とした外国人観光客が増えていますので、ワーキングホリデーや留学で来日したばかりの人で、「中国語ができて」「日本語がN2(日本語能力試験2級)」ぐらいある人であれば接客販売の仕事はすぐに挑戦できるのでオススメです。
 日本の生活は毎日楽しいですよ!遊ぶところも充実していますし、人も優しいし日本の文化は最高です!

▶ このインタビューのURL