行政書士/幅広い知識を備えた法律の専門家!~日本の仕事・職種INDEX~

法律関係の外国人向けのお仕事はこちらです▶▶

NINJA事務局より NINJA事務局より

「翻訳」「通訳」は、日本で働く外国人材の皆さんの人気職種ですが、日本のビジネスではまだまだ、「語学が活かせる」「母国との架け橋になれる」魅力的な仕事が沢山あります。 NINJAでは魅力的な仕事を紹介していきます。

今回は「行政書士ってどんな仕事?」「やりがいは?」「どんなスキルが必要でどんなスキル身につく?」を解説します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◆行政書士ってどんな仕事? ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 行政書士とは、行政書士法に基づく国家資格です。 実際、どういった仕事をしているのでしょう。 あなたがパッと思いつくのは、やはり「入管業務)」でしょうか。 日本の在留資格・ビザの取得、延長、変更、資格外活動許可の申請手続を行政書士に依頼したことがある方は多いと思います。 入管業務は行政書士の仕事の一つですが、行政書士が扱う仕事の種類は10,000以上あると言われます。 ここで全てを説明することはできませんが、簡単に列挙すると以下のようになります。 ・官公署や役所に提出する許認可等の申請書類の作成、提出手続代行、相談業務  (営業許可、自動車の登録、農地転用、在留資格取得など) ・権利義務、事実証明に関する書類の作成及び作成代理、相談業務  (相続、遺言、離婚協議書、内容証明、告訴状、定款、議事録など) ・その他業務  行政書士の独占業務でないものも依頼を受けることがあります。 難しそうな言葉が並んでいますが、行政書士は一言でいうと「官公署や役所に提出する書類を作成するスペシャリスト」なのです。 冒頭に説明したとおり、国家資格を取得できなければ行政書士として仕事をすることはできませんが、行政書士には受験資格がありません。 年齢、学歴、職歴、国籍関係なく、誰でも受験ができます。合格率は10%前後と低く、難易度の高い資格というイメージがありますが、興味がある方は詳細を調べてみてはいかがでしょうか。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◆この仕事の魅力、やりがいを聞いてみました! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 入管業務を専門にしていますが、不安なことや悩んでいる事を共感でき、お客様に安心していただけるのがうれしいです。(行政書士・中国出身・女性) いまは独立をせず会社員として働いていますが、外国人社員が多いので、行政書士資格者としての知識を活かせることがたくさんあります。(行政書士資格者/人材サービス業・韓国出身・女性) 行政書士は「仕業」の一つで、試験もとても難しいです。だからこそ、履歴書にも堂々と書いてアピールでき、転職にも有利だと思います。(行政書士資格者/建設業・中国出身・男性) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◆行政書士はどんなスキルが必要? ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ・まずは試験に合格しなければ行政書士として開業することができません。 憲法・民法・行政法などの「法令」、政治・経済・社会についての「一般知識」の習得が必要です。法令に関しては日本人でも読んで理解することが難しいものですので、外国人の方にとってはかなりハードルが高いといえます。 ・行政書士の仕事は「相談」「コンサルティング」も多いですが、やはり「書類作成業務」が主要となります。さらに、提出に期限があるものもあり、それを守れなければお客様とのトラブルに発展しかねません。素早く確実に業務をこなすスキルが必要です。 ・行政書士の仕事は多岐に渡るため、依頼によってはいままで経験したことのない業務をする必要が出てきます。その際は事前に勉強をしたり、情報収集をしなければなりません。 そんな状況になってお気後れせず、向上心を持って経験を積んでいくことが大事です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◆どんなスキルが身につく? ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ・お客様との信頼関係を築くためのコミュニケーション能力、自分の存在を知っていただき仕事を頂くための営業力が磨かれます。 ・多岐にわたる業務の中で初めて出会う仕事も多いですが、それに携わることで、幅広い専門知識がどんどん蓄積されていきます。自分の頑張り次第で事務所を大きくしたり、高い収入を望むことができます。 ・行政書士資格取得の勉強をしたことを、他の資格取得に役立てられることがあります。習得しなければならない内容が重なるような、相性の良い資格(社会保険労務士、宅地建物取引士、司法書士など)に挑戦する際、まったく初めて挑戦する人よりも有利になります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー いかがですか?行政書士の仕事に興味がわいてきましたか? 興味をもったら、ぜひNINJAで仕事を探してみましょう。 では♪ 法律関係の外国人向けのお仕事はこちらです▶▶
SHARE

カテゴリの最新記事